おばさん在宅チャットあいの生活公開

おばさんシングルマザーの私「あい」は、在宅チャットの仕事をしています。 毎月安定的に50万円以上稼ぐ私の生活をブログにしました。 40代になり、チャットを始めました。

上生菓子

和菓子が好きだ。

その中でも上生菓子はいい。

 

色とりどりで美しい。

 

上生菓子を定期的にお取り寄せしている。

自宅と実家の分。

私はコーヒーが好きだ。

 

しかし上生菓子の時は抹茶をたてる。

 

お取り寄せで届いた上生菓子開封

宝石のようなお菓子に心がときめく。

子供も喜んでいた。

どれを食べようかと。

 

決めるのもまた楽しい。

 

テーブルセッティングをしお茶の時間。

二人分の抹茶をたてる。

 

いい時間だ。

 

コロナで子供と過ごす時間が増えた。

それぞれ部屋があるのでずっと一緒という訳ではない。

しかしお茶をしながら話をする事が増えている。

 

何気ない話がまた楽しい。

 

季節の上生菓子

説明を見ながら味わう。

 

美味しい。

 

実家へもお裾分け。

箱を開けて喜ぶ両親。

 

喜ぶ両親の顔を見るのは嬉しい。

 

子供や両親を喜ばせたい。

喜びを一緒に味わいたい。

大事な家族だから。

 

この家族を守りたい。

 

子供を出産し始めて人を守りたいと思えた。

それまでは自分が一番大事。

人の為に何かしたいとは思わない。

 

身勝手だった。

 

人の為に何かするのがもったいない。

そう感じていた。

自分さえよければいい。

 

自分がよければいい。

 

子供を出産し一番大事な物の存在が子供になった。

子供の為に何かしたい。

 

その時両親の気持ちが初めてわかった。

 

両親もこんな気持ちで私を育ててくれたのだろうか。

それなのに見勝手だった私。

一人で育ったような顔をして。

育ててもらう事を当たり前のような態度をとって。

 

恥ずかしい。

 

親孝行をしたいと。

心の底から思った。

こんな思いで私を育ててくれた両親にお礼がしたいと。

 

出産するまで両親の気持ちを理解しようとした事は無かった。

 

お金と時間に余裕がある今。

親孝行をしている。

何か買う時は実家にも買う。

 

何かする時は両親も一緒にと。

 

上生菓子を美味しそうに食べる両親の姿。

親孝行出来るようになってよかった。

 

食べさせたい物を大事な人に食べさせてあげる事が出来る幸せに感謝。